Deer story blog

 とりわけコンセプトがなく、写真は多めだけど説明は少ない、そんなブログです。

DIY

収納ボックスの中板は、野菜の収納にも使えるようにしました。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

“収納ボックスは、野菜収納にも使えるように
中板は、通気性の良すのこ風に作ってみます。”


工作材と加工丸棒にそれぞれカット線を描き
のこぎりを使って切ります。
ここでは刃の細かいエンビソーを使ってみました。

工作材に280mmピッチのしるしをつける
工作材

差し金を使って、直角に線を引く
差し金を使って直角に線を引く

線に沿って切る
線に沿って切る

支え角棒になる部分
280mm×4本

加工丸棒140mmピッチのしるしをつけ、
差し金を使って、直角に線を引く
加工丸棒

線に沿って切る
線に沿って切る

板材になる部分(加工丸棒)
140mm×18本

支え角棒が割れないように
電動ドリルで下穴を開けておく
ネジ穴を開ける

接続部分に木工用ボンドをつける
接続部分に木工用ボンドをつける

木ネジを締め付けて固定する
木ネジで固定する

中板の完成
中板の完成

次は、中板を載せる支持レールを作る予定です。
きはまたいつか、、

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


収納ボックスの土台を作る。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

差し金を使って、アルミアングルの端から
148mmのところに直角に線を引く
差し金を使って直角に線を引く

線に沿って、グラインダ切断する。
グラインダで切断する。

切断面の端は面取をする。
端は面取りをする。

電動ドリルネジ穴を開ける。
ネジ穴を開ける。

ネジ穴

土台を底板に木ネジで固定する。
底板に土台を固定する。

次は、中板を作る予定です。
続きまたいつか、、

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


収納ボックスを作る木板にニスを塗装しました。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

木板に、ワシンの
木部用油性ニス(ウレタンニス)
を塗装します。
油性ニス


【1回塗り】
使い捨ての容器などに油性ニスを入れる。
油性ニスを入れる
ここでは、使い切ったお味噌が入っていた容器
水で洗い流し、使ってみました。

ハケを使って、木板に油性ニスを塗る
側板 1回塗り

巾の狭いハケを使って、切断面も塗る
切断面も塗る 1回塗り
ここでは、100円ショップで買った(図画用
を使って塗って見ました。

よく乾かします
よく乾かす。

よく乾かす。

乾かしている間に、ほかの木板にニスを塗る
底板 1回塗り

背面板 1回塗り

よく乾かす
よく乾かす。


【2回塗り】
側板 2回塗り

扉板 2回塗り

背面板 2回塗り

背面板 よく乾かす。
そのほかの木板も2回塗りをして
よく乾かします

【3回塗り】
側板 3回塗り

扉板 3回塗り
そのほかの木板も3回塗りをして仕上げます

よく乾かす。
有害性があるので、ここでは内側になる部分
塗装しません。

次は、
土台を作る予定です。
続きまたいつか、、

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


収納ボックスを作る木板を切りました。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

木板にカット線を描き、のこぎりを使って切ります。
ここでは木目の繊維を切断しやすい横引き刃を使ってみました。

側板になる部分を作ります。
側板部分
17mmのところ線を引く

線に沿って切る
側板部分

天板底板になる部分を作ります。
天板と底板部分
175mmのところに線を引く

線に沿って切る
天板と底板部分

底板になる部分
底板部分
17mmのところに線を引く

線に沿って切る
底板部分

扉側になる端の17mm残した部分
側板の接合部分になる計画です。
底板部分

底板部分

背面板になる部分を作ります。
扉板
141mmのところに線を引く

扉板になる部分を作ります。
背面板
159mmのところに線を引く

扉板と背面板

線に沿って切る
背面板

扉板背面板になる部分
扉板と背面板

次は、木板にニスを塗装する予定です。
続きはまたいつか、、

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


窓ガラスにプラダンを施して暑さ対策をしてみました。

夏の暑さ対策として、プラダンを注文しました。
プラダン 5枚入

窓ガラスに施す場合半透明のもので
厚さは4mm以上が効果的のようです。
プラダン

窓ガラスの寸法測って、大きさに合わせて
カッター
切断します。
カッターで切断
!注意!
 手ケガしないように、軍手などを装着しましょう。

ここでは、両面テープを使ってみます。
両面テープ

プラダンに両面テープを貼り付けます。
両面テープを貼り付ける。

プラダンを窓ガラスに直接貼り付けます。
窓ガラス

完成
施工後

外から見ると、こんな感じに見えます。
外から見た窓ガラス
このほか、8箇所の窓ガラス施してみました。
夏のエアコンの
節電や、
冬の断熱効果も期待できそうです。
製作費は、プラダン+送料と両面テープ合わせて
5,220円です。

こちらの記事を参考にしました → オヤジ発・節電生活

これからも、鹿物語は
何でもやってみせます


ホームセンターで工作材を揃える。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

収納ボックスの工作材揃えために
スーパービバホーム豊洲店へ行ってきました
ホームセンター

木板売り場
木板売り場

工作材売り場(加工丸棒
工作材売り場(加工丸棒)

工作材
工作材売り場

アルミアングル売り場
アルミアングル売り場

木工用ボンド売り場
木工用ボンド売り場

油性ニス売り場
油性ニス売り場

安物のハケ
安物のハケ

金物売り場(蝶番
金物売り場

金物売り場(打掛
金物売り場(打掛)

ネジ売り場
ネジ売り場

購入したもの
買い揃えたもの

買い揃えたもの

レシート
レシート
合計6,378円
既製品を購入した方が安いくらですが、、
あそこ収めにはお手製にかぎります

あと、電材を揃えるだけ、、
続きはまたいつか、、

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


収納ボックスの構想図を描いてみました。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

収納ボックスについて、以下のように構想を描いてみました。
8c3453c4.jpg


【概要】
・主な材質は、加工・組み立てのしやすい木板で吸湿性の良い桐の木板を使用する。

・ステンレス製の梯子と
接触する部分の土台にはアルミ製のアングルを使用する。

・扉は蝶番(ちょうつがい)を使用して、片開きにする。

・内部は高さがあるので通気性の良い仕上中板を設けて2段にする。
 また、縦に大きい物を収納できるように中板は取り外ができるようにする

外部電源が引き込めないので、電源は乾電池を使用する。

・内部は小電力でも十分に明るいLED照明を使用する。
 また、中板に物を置いた場合に影になってしまうので照明は上段、下段に設ける。

・内部で配線が収納物に絡まないようにケーブルカバーを付けてケーブルを保護する。
 また、ケーブルカバーは断面が小さいものにする。

・扉の開閉時に負荷の掛からない打掛錠を使用する。

・屋外に設置するので熱や水にも強い油性ニスを塗装する。
 但し、有害性があるので内側は塗装しない

【材料】
・木板(桐浮造)
・工作材
・アルミアングル
・蝶番
・打掛
・LEDライト
・電池ボックス
・電気スイッチ
・単心ビニルコード
・単3乾電池
・ケーブルカバー
・木ネジ
・木工用ボンド

・油性ニス

まずは、材料を揃えるところから、、
続きはまたいつか、、

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


外壁と梯子の間にできたスペースを考える。

事務所の外壁には、一度も利用したことのない
屋上へ上るハシゴが設置されていて、
梯子と外壁との空間
このハシゴと外壁との空間を利用できないかと
以下のようなボックス作って置いてみたらと考えてみました。
ボックス
用途として、工具や防災用品の収納
野菜の収納(カントリーボックス)などにも使えます。

設置イメージはこんな感じになります。
85a66da8.jpg

欠点として、空間がなくなるのでハシゴを利用
するときに横木(段)にを掛け難くなります。
完全に固定せず、可動しない程度でいつでも
外せられるように考えてみます。

続きはまたいつか、、

差込プラグをスマートに

電源タップのコンセント部分を上向きに設置している場合、
差込プラグ(ベター小型キャップタイプ)を差し込むと
垂直になってコードが曲がってしまいます。
ベープリキッドのプラグ

これを改善するために、ビバホームへ向かう
620d580e.jpg

スーパービバホーム 豊洲店

キャップ、コンセント売場
a6d1c429.jpg


ローリングキャップ
(プラグが回転するタイプ
ローリングキャップ

コードを切断する
プラグを切断する

コードの被覆を剥く
コードの被服を剥く

工具箱の圧着端子類
圧着端子類

電工ペンチを使って
圧着端子(丸端子)を
圧着
電工ペンチで圧着端子を圧着

できた☆彡
圧着端子

端子ネジに接続する。
端子ネジに接続

プラグのフタを閉めて完成
プラグのフタを閉める

プラグ部分が180°(左右に90°)回転します
ローリングキャップ

ローリングキャップ

プラグを差し込んで、
7e5fae27.jpg

電源タップ廻りがスマートになりました。

これからも、女子パンダは何でもやってみせます


窓枠にカビ?シミ?

窓枠木枠部分に塗られているニス
年月の経過によって
劣化してきました
窓枠 木枠の汚れ

雨水表面結露の水分によって、
木枠に
シミカビが発生
窓枠 木枠

ワシンの木部用油性ニス(ウレタンニス)
油性ニス

100円ショップで買った(図画用
100均で買った筆
巾の狭い部分に塗るには
ちょうどいい太さの筆だったので
これにしました。


油性ニス使い捨ての容器に入れる
容器に入れる

丁寧に、2回塗り
2回塗り

アルミ枠部分には、セロハンテープを貼って
養生
をしてありましたので、これを剥がします。
セロハンテープで養生

乾かして完成
乾かして完成
ピカピカテカテカツルツル


ブログ内キーワード検索
このブログを携帯で見る
QRコード
著者 プロフィール
  • ライブドアブログ