役に立つこともあるかもしれない・ブログ

 写真を撮るのがとにかく好き。 測量、建設現場のこと、DIYのこと、お店で食べた料理の紹介など、時間があるときに書きます。

日曜大工

木板(側板、天板、扉)を組み立てて、野菜ボックスの完成です。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

木ネジの締め付け時に木板が割れないように
電動ドリルでネジ穴の下穴を開ける
側板

側板

木ネジを締め付ける。
木ネジを締め付ける。

側板まで組み立て完了
側板

中板支持レールに載せる。
中板を載せる
(中板の作り方は、こちらの記事をご覧ください)

中板を載せる
(支持レールの作り方は、こちらの記事をご覧ください)

天板を載せ、電動ドリルでネジ穴の
下穴を開ける
天板

扉に蝶番を付ける。
蝶番を付ける

扉に打掛を付ける。
扉に打掛を付ける

野菜ボックス内部の上段
内部の上段

野菜ボックス内部の下段
内部の下段

電池ボックスのスイッチ
電池ボックスのスイッチ

内部のLED照明を点灯
LED照明 点灯

収納(野菜)ボックスの完成
収納(野菜)ボックスの完成

収納(野菜)ボックスの完成

次は、収納(野菜)ボックス
外壁と梯子の間にできたスペースに設置します

続き
またいつか

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


野菜ボックスの扉の内側に温度計を付ける。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

温度計の木部にネジ穴を開けて
扉の内側に木ネジで固定します。

100円ショップで購入した温度計
温度計

木ネジの締め付け時に木部が割れないように
電動ドリルでネジ穴の
下穴を開ける
ネジ穴の下穴を開ける

扉の内側に温度計木ネジで留める
木ネジを締め付ける

木ネジを締め付ける

扉の内側に木ネジで留める

次は、木板(側板、天板)を組み立ます。
続き
またいつか

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


収納ボックスの内側に、ケーブルカバーを付けて配線を収める。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

前回購入した電材などを使います。
買ってきたもの

収納ボックス内部の配線位置の寸法を測って
ケーブルカバーを切断、加工します。
1e82593a.jpg

直角に接続する部分谷折に接続するの部分
45°に切断します。


ケーブルカバーを木ネジで固定する。
木ネジで固定する

木ネジで固定

ケーブルカバーにビニルコードを収める。
ビニルコードを入れる

カバーを被せる
カバーを被せる

ビニルコードをインシュロックで留める
インシュロックで留める

電池ボックスので、L字型ステー金具を
コの字型に組み合わせてネジで固定する。

54bdf35d.jpg


ステー金具を木ネジで留める。
ステー金具を木ネジで留める

ビニルコードの長さを調整して
電池ボックス側の銅線とLEDライト側の銅線を
ハンダ付する。

ハンダ付け

ハンダ付けしたところに絶縁テープを貼る。
絶縁テープを貼る

余った絶縁テープの両端
ハサミで切って、ビニルテープを巻く
ビニルテープで巻く

電池ボックスをコの字型に組み合わせた
ステー金具に
填める
電池ボックスをステー金具に填める

Lアングル(支持レール部分)に
ケーブルカバーを付けて
ビニルコードを収める
ビニルコードを収める

カバーを被せる。(配線スッキリ)
カバーを被せる

点灯テスト
点灯テスト

次は、扉に蝶番を付けます。
続きまたいつか、、

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


収納ボックスの中板は、野菜の収納にも使えるようにしました。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

“収納ボックスは、野菜収納にも使えるように
中板は、通気性の良すのこ風に作ってみます。”


工作材と加工丸棒にそれぞれカット線を描き
のこぎりを使って切ります。
ここでは刃の細かいエンビソーを使ってみました。

工作材に280mmピッチのしるしをつける
工作材

差し金を使って、直角に線を引く
差し金を使って直角に線を引く

線に沿って切る
線に沿って切る

支え角棒になる部分
280mm×4本

加工丸棒140mmピッチのしるしをつけ、
差し金を使って、直角に線を引く
加工丸棒

線に沿って切る
線に沿って切る

板材になる部分(加工丸棒)
140mm×18本

支え角棒が割れないように
電動ドリルで下穴を開けておく
ネジ穴を開ける

接続部分に木工用ボンドをつける
接続部分に木工用ボンドをつける

木ネジを締め付けて固定する
木ネジで固定する

中板の完成
中板の完成

次は、中板を載せる支持レールを作る予定です。
きはまたいつか、、

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


収納ボックスを作る木板を切りました。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

木板にカット線を描き、のこぎりを使って切ります。
ここでは木目の繊維を切断しやすい横引き刃を使ってみました。

側板になる部分を作ります。
側板部分
17mmのところ線を引く

線に沿って切る
側板部分

天板底板になる部分を作ります。
天板と底板部分
175mmのところに線を引く

線に沿って切る
天板と底板部分

底板になる部分
底板部分
17mmのところに線を引く

線に沿って切る
底板部分

扉側になる端の17mm残した部分
側板の接合部分になる計画です。
底板部分

底板部分

背面板になる部分を作ります。
扉板
141mmのところに線を引く

扉板になる部分を作ります。
背面板
159mmのところに線を引く

扉板と背面板

線に沿って切る
背面板

扉板背面板になる部分
扉板と背面板

次は、木板にニスを塗装する予定です。
続きはまたいつか、、

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


窓枠にカビ?シミ?

窓枠木枠部分に塗られているニス
年月の経過によって
劣化してきました
窓枠 木枠の汚れ

雨水表面結露の水分によって、
木枠に
シミカビが発生
窓枠 木枠

ワシンの木部用油性ニス(ウレタンニス)
油性ニス

100円ショップで買った(図画用
100均で買った筆
巾の狭い部分に塗るには
ちょうどいい太さの筆だったので
これにしました。


油性ニス使い捨ての容器に入れる
容器に入れる

丁寧に、2回塗り
2回塗り

アルミ枠部分には、セロハンテープを貼って
養生
をしてありましたので、これを剥がします。
セロハンテープで養生

乾かして完成
乾かして完成
ピカピカテカテカツルツル


ブログ内キーワード検索
このブログを携帯で見る
QRコード
著者 プロフィール
  • ライブドアブログ