役に立つこともあるかもしれない・ブログ

 写真を撮るのがとにかく好き。 測量、建設現場のこと、DIYのこと、お店で食べた料理の紹介など、時間があるときに書きます。

収納

フライパン用ふたにリングを付けて収納する。

フライパン用ふたリングを付けて、
フックに掛けて
収納できるように改良します。
フライパン用ふた おもて面

フライパン用ふた 
うら面
フライパン用ふた うら面

水平器を使って、ふたの中心に印しをつける。
水平器を使って、中心に印しをつける。

水平を確認して、
水平を確認して、

中心に印しをつける。
中心の印し

中心から左右に5mm程度のところに印しをつける。
中心から左右に5mm程度のところに印しをつける。

電動ドリルを使って、印しのところにを開ける。
電動ドリルで穴を開ける。
(ここでは2mmの刃を使用しました)

ドリルの刃を太いのに替えて、穴を広げる。
ドリルの刃を替えて、穴を広げる。
(ここでは3.2mmの刃を使用しました)

丸ヤスリで穴を研磨する。
丸ヤスリで穴を研磨する。

今回使う材料
今回使う材料

ペンチリングを広げる。
ペンチでリングを広げる。

ペンチ広げたリング
ペンチで広げたリング

穴を開けたフライパン用ふたにリングを通す。
穴を開けたフライパン用ふたにリングを通す。

ペンチを使って、リングを閉める。
ペンチでリングを閉める。

リングを付けた状態
リングを付けた状態

もうひとつのリングを通して完成
リングを通して完成

フックに掛けてみました。
フックに掛けてみました。

完成です 
完成

収納(野菜)ボックスのその後の利用方法

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

外壁と梯子の間にできたスペースに設置した
自作の収納(野菜)ボックスのその後の利用方法
自作の収納(野菜)ボックス

電池ボックス(LED照明)のスイッチ
電池ボックスのスイッチ

LED照明 点灯
LED照明 点灯

中板は、通気性の良い、すのこ風仕上げ
収納(野菜)ボックス(上段)

収納(野菜)ボックス(下段)

玉ねぎ
玉ねぎ

にんにく
にんにく

さつまいも
さつまいも

干ししいたけ (大分産)
干ししいたけ

新聞紙で包んで収納します。
新聞紙で包んで収納

収納(野菜)ボックスの内部は、
猛暑日は40℃超になるので、
昼は47℃
ジャガイモは、黒色心腐が発生しやすくなるので、
収納しません。
このほか、ごぼうや白菜の収納も考えています。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


包丁にテプラを貼りつけて創意工夫

包丁の柄の部分に、テプラで切り方の説明を
貼りつけてみました。
包丁にテプラ

切り方の説明
切り方の説明

野菜類 → 押す時に切る (移動幅5cm)
野菜類を切る時

肉(魚)類 → 引く時に切る (移動幅5cm)
肉類を切る時

これで、何方が切っても同じように切れます。

包丁差には、研ぎ方の説明を記した
テプラを貼ってみました。
包丁差しにもテプラ
研ぎ方を忘れてしまっても大丈夫です。

包丁の簡単な研ぎ方(2~3ヵ月に1回程度)
1:V字シャープナーで10回引く
2:包丁の刃先(両面)を油性ペンで塗る
3:#180~400の紙ヤスリを濡らす
4:包丁を水平から1cm斜めにして、斜め手前に10回引く(両面)
 (油性ペンで塗った部分が消えていれば研げています)
5:新聞紙の上で(4)と同じように滑らせて完成


収納ボックスを作る木板にニスを塗装しました。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

木板に、ワシンの
木部用油性ニス(ウレタンニス)
を塗装します。
油性ニス


【1回塗り】
使い捨ての容器などに油性ニスを入れる。
油性ニスを入れる
ここでは、使い切ったお味噌が入っていた容器
水で洗い流し、使ってみました。

ハケを使って、木板に油性ニスを塗る
側板 1回塗り

巾の狭いハケを使って、切断面も塗る
切断面も塗る 1回塗り
ここでは、100円ショップで買った(図画用
を使って塗って見ました。

よく乾かします
よく乾かす。

よく乾かす。

乾かしている間に、ほかの木板にニスを塗る
底板 1回塗り

背面板 1回塗り

よく乾かす
よく乾かす。


【2回塗り】
側板 2回塗り

扉板 2回塗り

背面板 2回塗り

背面板 よく乾かす。
そのほかの木板も2回塗りをして
よく乾かします

【3回塗り】
側板 3回塗り

扉板 3回塗り
そのほかの木板も3回塗りをして仕上げます

よく乾かす。
有害性があるので、ここでは内側になる部分
塗装しません。

次は、
土台を作る予定です。
続きまたいつか、、

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


収納ボックスを作る木板を切りました。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

木板にカット線を描き、のこぎりを使って切ります。
ここでは木目の繊維を切断しやすい横引き刃を使ってみました。

側板になる部分を作ります。
側板部分
17mmのところ線を引く

線に沿って切る
側板部分

天板底板になる部分を作ります。
天板と底板部分
175mmのところに線を引く

線に沿って切る
天板と底板部分

底板になる部分
底板部分
17mmのところに線を引く

線に沿って切る
底板部分

扉側になる端の17mm残した部分
側板の接合部分になる計画です。
底板部分

底板部分

背面板になる部分を作ります。
扉板
141mmのところに線を引く

扉板になる部分を作ります。
背面板
159mmのところに線を引く

扉板と背面板

線に沿って切る
背面板

扉板背面板になる部分
扉板と背面板

次は、木板にニスを塗装する予定です。
続きはまたいつか、、

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


ホームセンターで工作材を揃える。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

収納ボックスの工作材揃えために
スーパービバホーム豊洲店へ行ってきました
ホームセンター

木板売り場
木板売り場

工作材売り場(加工丸棒
工作材売り場(加工丸棒)

工作材
工作材売り場

アルミアングル売り場
アルミアングル売り場

木工用ボンド売り場
木工用ボンド売り場

油性ニス売り場
油性ニス売り場

安物のハケ
安物のハケ

金物売り場(蝶番
金物売り場

金物売り場(打掛
金物売り場(打掛)

ネジ売り場
ネジ売り場

購入したもの
買い揃えたもの

買い揃えたもの

レシート
レシート
合計6,378円
既製品を購入した方が安いくらですが、、
あそこ収めにはお手製にかぎります

あと、電材を揃えるだけ、、
続きはまたいつか、、

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


収納ボックスの構想図を描いてみました。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

収納ボックスについて、以下のように構想を描いてみました。
8c3453c4.jpg


【概要】
・主な材質は、加工・組み立てのしやすい木板で吸湿性の良い桐の木板を使用する。

・ステンレス製の梯子と
接触する部分の土台にはアルミ製のアングルを使用する。

・扉は蝶番(ちょうつがい)を使用して、片開きにする。

・内部は高さがあるので通気性の良い仕上中板を設けて2段にする。
 また、縦に大きい物を収納できるように中板は取り外ができるようにする

外部電源が引き込めないので、電源は乾電池を使用する。

・内部は小電力でも十分に明るいLED照明を使用する。
 また、中板に物を置いた場合に影になってしまうので照明は上段、下段に設ける。

・内部で配線が収納物に絡まないようにケーブルカバーを付けてケーブルを保護する。
 また、ケーブルカバーは断面が小さいものにする。

・扉の開閉時に負荷の掛からない打掛錠を使用する。

・屋外に設置するので熱や水にも強い油性ニスを塗装する。
 但し、有害性があるので内側は塗装しない

【材料】
・木板(桐浮造)
・工作材
・アルミアングル
・蝶番
・打掛
・LEDライト
・電池ボックス
・電気スイッチ
・単心ビニルコード
・単3乾電池
・ケーブルカバー
・木ネジ
・木工用ボンド

・油性ニス

まずは、材料を揃えるところから、、
続きはまたいつか、、

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


外壁と梯子の間にできたスペースを考える。

事務所の外壁には、一度も利用したことのない
屋上へ上るハシゴが設置されていて、
梯子と外壁との空間
このハシゴと外壁との空間を利用できないかと
以下のようなボックス作って置いてみたらと考えてみました。
ボックス
用途として、工具や防災用品の収納
野菜の収納(カントリーボックス)などにも使えます。

設置イメージはこんな感じになります。
85a66da8.jpg

欠点として、空間がなくなるのでハシゴを利用
するときに横木(段)にを掛け難くなります。
完全に固定せず、可動しない程度でいつでも
外せられるように考えてみます。

続きはまたいつか、、

ミニキッチンのオープンラックのネット部分

ミニキッチンのオープンラックのネット部分が
古くなって汚れてきました。
オープンラックのネット部分
被覆が剥がれて内部のワイヤーが錆びている。

ネット部分に代わる新しいものと交換したいけど、
ぴったりサイズのものが見つからないので自作してみました。

【計画図】
計画図

部材は、スーパービバホーム 豊洲店で購入しました。
レシート
購入した部材
 ・アルミアングル 15mm×15mm×長さ1m×2本
 ・アルミ棒 φ5mm×長さ1m×3本
 ・小ねじ なべ 2.6×10mm(9本入)×4個


【制作方法】
1. アルミアングルを520mmに切断する。
アルミアングル

長さ520mmに切断した2本のアルミアングル
アルミアングル

2. アルミ丸棒を200mmに切断する。
アルミ丸棒

長さ200mmに切断したアルミ丸棒(15本)
(両端は面取りをする)
切断したアルミ丸棒

3. ネジ穴を開ける。
  (鉄工用ドリルを使います)
鉄鋼用ドリルの刃

ネジ穴を開ける

4. ネジで固定する。
小ねじ なべ

(表)
ネジで固定する

(裏)
ネジで固定する

本体完成
完成

5. オープンラックに取り付けて完成
  水切りとしても使えます。
取付完成

(交換前のネット)
交換前のネット部分


ブログ内キーワード検索
このブログを携帯で見る
QRコード
著者 プロフィール
  • ライブドアブログ