Deer story blog

 とりわけコンセプトがなく、写真は多めだけど説明は少ない、そんなブログです。

使い方

収納(野菜)ボックスのその後の利用方法

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)

外壁と梯子の間にできたスペースに設置した
自作の収納(野菜)ボックスのその後の利用方法
自作の収納(野菜)ボックス

電池ボックス(LED照明)のスイッチ
電池ボックスのスイッチ

LED照明 点灯
LED照明 点灯

中板は、通気性の良い、すのこ風仕上げ
収納(野菜)ボックス(上段)

収納(野菜)ボックス(下段)

玉ねぎ
玉ねぎ

にんにく
にんにく

さつまいも
さつまいも

干ししいたけ (大分産)
干ししいたけ

新聞紙で包んで収納します。
新聞紙で包んで収納

収納(野菜)ボックスの内部は、
猛暑日は40℃超になるので、
昼は47℃
ジャガイモは、黒色心腐が発生しやすくなるので、
収納しません。
このほか、ごぼうや白菜の収納も考えています。

(これまでのプロセスは、前回の記事をご覧ください)


包丁にテプラを貼りつけて創意工夫

包丁の柄の部分に、テプラで切り方の説明を
貼りつけてみました。
包丁にテプラ

切り方の説明
切り方の説明

野菜類 → 押す時に切る (移動幅5cm)
野菜類を切る時

肉(魚)類 → 引く時に切る (移動幅5cm)
肉類を切る時

これで、何方が切っても同じように切れます。

包丁差には、研ぎ方の説明を記した
テプラを貼ってみました。
包丁差しにもテプラ
研ぎ方を忘れてしまっても大丈夫です。

包丁の簡単な研ぎ方(2~3ヵ月に1回程度)
1:V字シャープナーで10回引く
2:包丁の刃先(両面)を油性ペンで塗る
3:#180~400の紙ヤスリを濡らす
4:包丁を水平から1cm斜めにして、斜め手前に10回引く(両面)
 (油性ペンで塗った部分が消えていれば研げています)
5:新聞紙の上で(4)と同じように滑らせて完成


ブログ内キーワード検索
このブログを携帯で見る
QRコード
著者 プロフィール
  • ライブドアブログ