夜間(D滑走路建設外工事)での鋼管杭打設測量において、
すごいバック点に改良してみました。
ちょっとした創意工夫です。

基準点に、改良した一素子プリズムを据えて準備完了
バック点

バック点

今回ココを改良
改良点

観測状況はこんな感じです。
観測状況
反射する視準棒(と呼んでいる)により、
夜間でもどの方向の器械点からでもプリズムを向けなくても
バック点が視準できます。
もちろん、基準点は予めチェック(測距・測角)をしてあります。