大切に使っているヘアードライヤーが持ち手の向きによって
電気が切れたり入ったりするので、内部を調べてみます
ヘアドライヤーを分解

工具を使ってハンドル部分をこじ開けます
工具を使ってこじ開ける

ハンドル内部には異常が見つかりません
ヘアドライヤーのハンドル内部

ハンドルに近い方のコードを折り曲げると
電気が切れるので、内部で断線しているかも
しれません。
ヘアドライヤーの電源コード部分

インシュロックを外す
インシュロックを外す

養生テープで本体とコードを仮固定して、
電源コード
電源コードの被覆を剥ぎ取る

コードが内部で断線
していました。
内部で断線

ハンダ付け
ハンダ付け

ハンダを溶かして流し込みます
ハンダを溶かして流し込む

剥ぎ取った被覆部分に
絶縁テープを巻きつけて補修。
絶縁テープで補修

絶縁テープで補修した部分を
インシュロックで補強する。
インシュロックで固定

保護しているビニール
インシュロックで締め付けて
元の状態に戻す。
元の状態に戻す

インシュロックで固定する
インシュロックで固定

つり輪のゴム部分をハンドルに填めて
元の状態に戻す。
つり輪のゴム部分

ハンドルのネジを締めて
ハンドルのネジを締めて完了
マイナスイオンを発生してくれる
高価な
ヘアードライヤーだったので
使えるようになってくれて良かったです☆彡

これからも、女子パンダは何でもやってみせます