■ トラックバックってなんだろう?

という疑問に対してマンガを作ってみたので紹介します。

ブログの機能の一つで、他人のページに自分の記事へのリンクを作成する機能です。

 

通常、自分の記事から相手のページへのリンクを張りつけます。

これとは逆で、相手のページに自分の記事へのリンクを作る機能がトラックバックの働きです。 

 

例えばAさんが、Bさんのブログにある「料理の話」を読んで、共通の話題を書くとします。
このとき、AさんはBさんのブログへのリンクを張って、「Bさんのページで料理の話を読んだのですが、私も料理で・・・」というような記事を書きます。
このとき、Aさんの記事の読者は、Aさんの記事から、Bさんの記事の両方を知ることができます。
でもBさん側の読者は、Aさんの記事を知ることができません。


キャプチャ11

こんなことを解決するのがトラックバックです。(*1)

AさんがBさんの記事に対してトラックバックを送ると、Bさんの記事にAさんのリンクが作られ、Bさんの記事の読者は、Aさんの記事を知ることができます。

こうすることでBさん側からAさんの記事が読めるようになり、記事を通じて情報が活発になります。
トラックバックとはこのように、従来の「ホームページ」とは違って、双方向のアクセスを起こしやすくするための仕組み(機能)です。

キャプチャ12

また、相手に送信されるトラックバック通知のことを「トラックバック・ピング(pjng)」 (*2) と呼び、送信先を「トラックバックURL」 (*3) と言います。

(*1) ページへのリンクが作られます。

(*2) 「トラックバックpingを送信する」と言います。

(*3) トラックバック送信先URL」と言います。


さぁ、理解できなくても早速このブログに「トラックバックping送信」を試してみましょう。