役に立つこともあるかもしれない・ブログ

 写真を撮るのがとにかく好き。 測量、建設現場のこと、DIYのこと、お店で食べた料理の紹介など、時間があるときに書きます。

羽田D滑走路建設外工事

すごいバック点

夜間(D滑走路建設外工事)での鋼管杭打設測量において、
すごいバック点に改良してみました。
ちょっとした創意工夫です。

基準点に、改良した一素子プリズムを据えて準備完了
バック点

バック点

今回ココを改良
改良点

観測状況はこんな感じです。
観測状況
反射する視準棒(と呼んでいる)により、
夜間でもどの方向の器械点からでもプリズムを向けなくても
バック点が視準できます。
もちろん、基準点は予めチェック(測距・測角)をしてあります。

東京国際空港D滑走路 展示館にて

東京国際空港D滑走路建設外工事の
展示館をのぞいて見ました。
東京国際空港D滑走路展示館 入口

展示館内
東京国際空港D滑走路展示館

建設位置
位置

航空写真
航空写真

模型
模型

模型

連絡誘導路部
連絡誘導路部

桟橋JKT据付工の説明
桟橋JKT据付工

桟橋JKT据付工の説明

起重機船の模型
起重機船の模型

起重機船の模型

JKTの模型

上揚力抵抗装置の模型
上揚力抵抗装置の模型

超高強度繊維補強コンクリートの試験供試体
超高強度繊維補強コンクリートの試験供試体

超高強度繊維補強コンクリートの試験供試体

このプロジェクト(工事)の大変さを知ると同時に
優れた技術にも驚きました。

桟橋部にて基準点測量

1/17(土)(晴れ)
(東京国際空港D滑走路建設外工事)
鋼管杭打設測量(夜勤)を行いました。

基準点測量 桟橋部より観測
使用器械:Leica TCRA1103
Leica TCRA1103

バック点観測状況
バック点観測状況

即利用くん4850Xでトラバース計算(新点放射)
即利用くん4850X

鋼管杭
鋼管杭

エクセルで振角の計算
振角計算

鋼管杭打設完了
鋼管杭打設完了


しにょのたわごと:現場見学会@羽田D滑走路

D滑走路建設外工事についての案内看板など

12/8(月)(晴れ)
桟橋部にて、D滑走路建設外工事についての
案内看板が設置されていたので、
あとでゆっくり見るために撮影してみました。
D滑走路建設 案内看板

D滑走路建設 案内看板

D滑走路建設 案内看板

D滑走路建設 案内看板

D滑走路建設 案内看板

D滑走路建設 案内看板

D滑走路建設 案内看板

規模が大きい現場なので、桟橋部や連絡誘導部の
位置関係など、把握しておきたいと思います。

東京湾

ライカ×2台とトリンブル×3台並べての迫力

12/3(水)(晴れ)
今日は、長浦港(横須賀)にて、測量システムのキャリブを行いました。
3台のトリンブルは、台船のリーダー位置(プリズム)を観測し、
2台のライカはキーパーの位置(プリズム)を観測しています。
ライカとトリンブル









5台並べると迫力があります。
トリンブルとライカ









台船観測中
トリンブルで追尾









近くに停泊する海上自衛隊のイージス艦
長浦港のイージス艦









トータルステーションでイージス艦の大砲を視準してみました。
これは滅多に観ることができないかもです。
イージス艦の大砲を観測








東京湾での鋼管杭打設測量

11/26(水)(晴れ) 夜勤
東京湾にて、羽田D滑走路建設外工事に関わる測量作業です。
トリンブル(TS)は台船に取り付けたプリズムを追尾しています。(台船誘導)
トリンブル









鋼管杭を吊り上げています。
鋼管杭
















鋼管杭 ハンマー打設
鋼管杭打設
















夜間、遠距離からも観測できるように、アルミスタッフに印しを施してみました。
鋼管杭の出来形測量に使います。
アルミスタッフ
















鋼管杭出来形測量用プリズム「杭天くん」を使って杭芯の出来形測量をしています。
鋼管杭出来形測量









出来形測量は、ジャケット上からライカ(TCRA1103)で観測しています。
鋼管杭出来形測量









長浦港にて台船の観測演習

11/13(木)(晴れ)
横須賀市の長浦港にて、羽田D滑走路建設外工事に関わる台船での測量作業です。
トリンブルを3台並べて、台船の位置やリーダーの位置を観測しています。
トリンブル









仮設のバック点(後方交会用)
クランプにボルト(5/8インチ・オス)を溶接して取り付けました。
プリズム









GPS









近くに停泊する海上自衛隊のイージス艦を望むことができました。
イージス艦


トリンブルとライカを使って観測しました。

10/15(水)(曇り)
千葉県袖ヶ浦市にて、羽田D滑走路建設外工事に関わる台船での作業です。
ライカ(Leica TCRA1103)を使ってキーパーの位置を観測しています。
ライカ
















トリンブルを3台並べて
台船のリーダーの位置を観測しています。
トリンブル









ゆたか旅館 奈良輪館へ泊まってますが、
食事が美味しい。
宿に帰るのが楽しみです。

測量のため、桟橋部で現地確認

9/30(火)(曇り)
羽田D滑走路建設外工事
現場の桟橋部へ通船で移動します。
羽田D滑走路建設外工事









建設中の桟橋部を望む
羽田D滑走路建設外工事









羽田D滑走路建設外工事









夜間での測量作業になるので、
ジャケット上からバック点や観測方向の視野を確認しました。
羽田D滑走路建設外工事









基準点の位置(マーキング)を確認しました。
基準点の位置









ブログ内キーワード検索
このブログを携帯で見る
QRコード
著者 プロフィール
  • ライブドアブログ